ホームブログ記事表示
サポート情報 2017.05.20
Windows 7 64 bit で MM-BTUD43 Bluetooth 4.0 USB アダプタを使う方法

Bluetooth 機能を内蔵していないパソコンで Bluetooth 機器を接続したい場合、Bluetooth アダプターを使うことで接続することができます。

Bluetooth アダプターは USB タイプが多く、数千円で購入できるため、比較的簡単に導入が可能です。


サンワサプライ MM-BTUD43 の特徴

サンワサプライの Bluetooth 4.0 USBアダプター MM-BTUD43 は、最新規格の Bluetooth Ver.4.0+LE/EDR に対応し省電力モードで長時間使用可能です。しかし、Windows 7 で使用する場合は、 Bluetooth 2.1 までの機能しか対応しておらず 4.0 の機能は使えません

型番MM-BTUD43
適合規格Bluetooth Ver.4.0+LE/EDR
伝送方式FHSS (周波数ホッピング方式)
通信距離最大約 100 m (class1)
通信速度最大 3 Mbps
対応プロファイルA2DP, APT-X Stereo, AVRCP, BIP, BPP, DUN, FTP, GAP, GATT, GAVDP, HCRP, HFP, HSP, HDP, HID, HOGP, OBEX, OPP, PAN, PBAP, SPP, SYNCH, SYNC ML, VDP
(BLE)PXP, FMP, SCPP, HID
ユーティリティCSR 社製
サイズ W 14.1 × D 4.6 × H 23.1 mm
重量2.4 g


CSR 社製ドライバのインストールで Runtime Error! が発生

Windows 7 で取扱説明書にしたがって付属のドライバ CD や ダウンロードしたドライバでインストールを行うと、途中で Runtime Error! が発生する場合があります。CSR 社製のドライバは、相性での問題が多くペアリングできなくなる不具合があります。


Runtime Error!
Program: C:\Windows\system32\regsvr32.exe
R6034
An application has made an attempt to load the C runtime library incorrectly.
Please contact the application's support team for more infomation.

※ Runtime Error! エラーが出ず問題なく使用できる場合もあります。



Windows 7 64 bit で MM-BTUD43 を使うには

CSR 社製ドライバで Runtime Error! が出てしまう場合は、CSR 社製ドライバを使用せず Windows 標準の Bluetooth ドライバを使用します。


1.[ コントロールパネル ] ― [ プログラムのアンインストール ] から [ CSR 社製ドライバ ] をアンインストールします。

2.[ デバイス マネージャー ] から [ Bluetooth ] と表示されるものを [ 削除 ] します。

3.接続していた [ MM-BTUD43 ] を取り外し [ 再起動 ] します。

4.[ MM-BTUD43 ] を取りつけ [ デバイス マネージャー ] を表示させます。

5.Bluetooth 無線の項目に [ Maicrosoft Bluetooth Enumerator ] が表示されます。


6.[ コントロールパネル ] から [ ハードウェアとサウンド ] ― [ デバイスの追加 ] をクリックします。


7.[ デバイスの追加 ] 画面で接続したい Bluetooth 機器を [ ペアリングモード ] にします。

8.Bluetooth 機器が表示されたら [ 次へ ] をクリックし接続します 。

※ タスクバーに Bluetooth アイコンが表示されている場合は、右クリックしてデバイスの追加ができます。



CsrBtProxy.DLL が見つからないエラーが発生

Runtime Error! が発生せず無事にインストールできても、起動時に CsrBtProxy.DLL が見つからないエラーが発生する場合があります。


1.インストールした CSR スタックのフォルダを開きます。

C:\Program Files (x86)\CSR\CSR Harmony Wireless Software Stack


2.[ CsrBtProxy.dll ] をシステムフォルダにコピーします。

C:\Windows\System32
C:\Windows\SysWOW64


3.エラーメッセージに表示された [ ファイル名 ] に変更します。

CsrBtProxy.DLL
CSRBTProxy.DLL

4.パソコンを再起動します。


Copyright(C) 岐阜パソコン教室 All Rights Reserved.