ホームブログ記事表示
注意 2017.06.10
ウイルスバスターが \Trend Micro\AMSP\Debug フォルダにログファイルを大量に保存する問題

中国製のウイルスバスターを動作させるとシステムの入った C ドライブをログファイルで圧迫する問題が発生します。

この問題は過去のバージョンから発生している不具合で、ウイルスバスターのアップデートファイルが原因で発生します。


ウイルスバスターのログファイルとは?

C:\Program Files\Trend Micro\AMSP\Debug に作成されるログファイルは、使用されているフォルダ名から推測可能です。

AMSP 不正プログラム対策機能用のサービス
Debug デバッグログ

Amsp_LocalDebugLog.log などのファイル名が多いため、ウイルスバスターの不具合でデバッグログを保存するモードに変更されてしまったのが原因ではないでしょうか。



C:\Program Files\Trend Micro\AMSP\Debug 問題

トレンドマイクロ お客さまコミュニティに同様の報告があります。


C:\Program Files\Trend Micro\AMSP\Debug
の中にCドライブの容量を0にするまでログファイルもどきを吐き続ける
ウイルスソフト、 ウイルスバスター クラウド

もう二度と使いません、最悪です
1回2回じゃないです。

史上最悪な有料ウイルスソフトをありがとうございました

C:\Program Files\Trend Micro\AMSP\Debug



ログファイル問題の解決方法


Deep Security Agent のデバッグログを解除する

1.ウイルスバスターを一時的に停止させます。

2.[ C:\Program Files\Trend Micro\AMSP\AmspConfig.ini ] をメモ帳で開きます。

3.パラメータを以下の値に設定して保存します。

保存の際に権限の変更が必要になる場合があります。

DebugLevel=0
DebugFlag=0
DebugLogAMSPServiceStart=0

4.パソコンを再起動します。

Deep Security Agent 8.0/9.0 のデバッグログ取得方法



アンインストールツールを使ってウイルスバスターを完全削除してから再インストールする

トレンドマイクロお客さまコミュニティへの投稿ありがとうございます。

この度はご不便をおかけし、誠に申し訳ございません。
通常ですとウイルスバスターは自動でログファイルを採取し、保存することはありません

何らかの原因でウイルスバスターのファイルが破損し現象が発生している可能性がありますので、今後のご利用をご検討いただける場合、アンインストールツールを使ってウイルスバスターを完全削除してから再インストールすることで改善するかご確認ください。

ウイルスバスター クラウドアンインストールツール

ウイルスバスター クラウド インストール・無料バージョンアップ



ウイルスバスターをアンインストールする際の注意点

ウイルスバスターのアンインストール (削除) する場合は、以下の注意が必要です。

シリアル番号を確認する
セーフモードから削除しない
アンインストールツールを使用する

ウイルスバスターが消せなくて困っていませんか?


Copyright(C) 岐阜パソコン教室 All Rights Reserved.