ホームブログ記事表示
オススメ 2017.08.03
ヘリウム充填技術を採用した WD Purple WD80PUZX (WD80PURZ)

WD Purple WD80PUZX (WD80PURZ) HDD は、監視カメラシステムに最適化されたハードディスクで 24 時間 365日 常時稼働を想定し設計されています。

また、ヘリウム充填技術「HelioSeal」を採用することでプラッタ枚数を増やし容量を飛躍的に増加させることが可能になりました。


ヘリウム充填技術 HelioSeal とは

ヘリウムは空気と比較すると分子サイズが小さく軽い気体です。そのため、抵抗が少なくブラッタの振動を抑えることができ、プラッタの厚さを薄くすることが可能になりました。これまで最大で 5枚 しか搭載できなかったプラッタをヘリウム充填技術を採用することで現状 8枚 搭載することが可能です。

ヘリウム封入HDD 日本電産株式会社



ウェスタンデジタル WD Purple WD80PUZX (WD80PURZ) の特徴

ヘリウム充填技術を採用し 1.2TB プラッタを 7枚 搭載した 3.5 インチ 8TB の HDD です。Purple シリーズは、高解像度・常時稼働の監視セキュリティシステム用に作られ、 24時間 365日 常時稼働の信頼性と耐久性が特徴です。

WD80PURZ
型番WD80PUZX (WD80PURZ)
容量8 TB
回転速度5400 回転
転送速度178 MB/s
キャッシュ128 MB
インターフェースSerial ATA600
消費電力 (リード/ライト) 6.4 W
消費電力 (アイドル) 5.7 W

Western Digital WD Purple 監視システム用ハードディスクドライブ



WD Red WD80PUZX の CrystalDiskInfo データ

ウェスタンデジタル純正のハードディスク診断ツール Data Lifeguard Diagnostic を使用して [ QUICK TEST ] → [ EXTEND TEST ] → [ WRITE ZEROS (FULL) ] を行った状態です。

WD80PUZX

Windows 用 Data Lifeguard Diagnostic

8TB で [ EXTEND TEST ] を行うと 15時間 以上の時間を要します。購入後に [ EXTEND TEST ] [ WRITE ZEROS ] 、 [ FromHDDtoSSD ] のリードテストで 合計 47時間を初期不良チェックに使用しています。

Western Digital製ハードディスクの動作確認方法(故障判別方法)



WD Purple WD80PUZX (WD80PURZ) の転送レートグラフ

有限会社 IUEC の FromHDDtoSSD を使用して転送レートを 2D グラフ化しています。

WD80PUZX

AI 完全自動ドライブ復旧システム FromHDDtoSSD



WD Purple WD80PUZX (WD80PURZ) は 3年保証

WD Purple はメーカー出荷から 3年 の RMA 保証が付いています。しかし、旧型番 WD80PUZX を購入した場合、メーカー出荷と購入時期のズレが発生するため保証期間が短くなる場合があります。



保証ステータスを確認する

https://support.wdc.com/warranty/warrantystatus.aspx?lang=jp




製品を登録する

https://support.wdc.com/support/productregistration.aspx?lang=jp


保証期間が短い場合は [ 製品をご登録 ] から延長することができます。
※ レシートや納品書の画像を送る必要はありません。




WD サポートポータルに登録

https://westerndigital.secure.force.com/ind/?lang=ja


RMA 保証を申請する場合 WD サポートポータルの登録が必要です。WD サポートポータルに登録してから製品の登録も可能です。



WesternDigital RMA 郵送先

以前はシンガポールやマレーシアに送る必要がありましたが、2015年から郵送先が日本になりました。

Mitsubishi Logistics Corporation
Tokyo Branch
19-22, Kaigan 3-chome, Minato-ku
Tokyo 108-0022 JAPAN
Attn: WD RMA receiving
TEL: +03-3453-0536

〒108-0022
東京都港区海岸3丁目19-22
三菱倉庫株式会社 東京支店 芝浦営業所
WD RMA 受付係
電話番号:03-3453-0536

WD RMA 郵送先住所



ヘリウム充填 HDD の問題点

メリットばかりが目立つヘリウム充填技術 HelioSeal ですが、ヘリウム充填技術を採用した HDD を使用する際に気を付けるポイントや問題点があります。


ヘリウムが抜ける問題

「ヘリウムリーク」や「ヘリウム抜け」と呼ばれています。ヘリウムの分子が小さいために発生するデメリットで、プレートの空洞部や接着部からヘリウム漏れが発生します。したがって、長期保管には向かないため定期的にデータをチェックする必要があります。



物理障害のデータ復旧は不可能

ヘリウム充填された HDD を開封し、再度充填する技術がデータ復旧業者にはないので、物理障害が発生した場合はデータの復旧が不可能です。大切なデータを保存する場合は、ミラーリングに対応した HDD ケースを使用したり、バックアップを取る対策が必要です。

静かで大容量のウェスタンデジタル HDD WD Red WD60EFRX


Copyright(C) 岐阜パソコン教室 All Rights Reserved.