ホームブログ記事表示
サポート情報 2017.08.23
NEC の無線ルーター Aterm WG2600HP2 でネットワークが切断される問題 (Aterm病)

Aterm WG2600HP2 は NEC の先端技術を活用し、無線用 CPU ドライバの最適化やアンテナ 4 ストリームへの対応により、高速かつ安定した通信が可能なルーターです。

しかし、一部利用者から Wi-Fi 接続が繋がらなかったり、ネットワークが切断されルーターの再起動が必要になるトラブルが報告されています。



ネットワークが切断される問題

NEC 製のルーター Aterm の一部機種を使用している場合、ネットワークが切断されるトラブルが報告されています。


Aterm病

Aterm病 は、NEC 製のルーターで発生する不具合で、発症するルーターでは NAT テーブルを使い切った時に保持し続けるため、空きが出来るまでネットワークに接続出来なくなります。



熱暴走

本体サイズが小さく十分な冷却エリアが確保できていないため、ルーターの熱が本体内部にこもりやすくなっています。

メーカーサポートでは、NAT テーブル問題や熱暴走による不具合を認めていません。

Aterm インフォメーションセンターお問い合わせ



ネットワーク切断についてメーカーサポートの回答

ネットワーク切断の発生条件を報告し、現象が発生した WG2600HP2 2台 (1台は交換品) をメーカーサポートへ提出しました。約 1ヵ月 Aterm 検証部にて原因を究明するため検証を行っていただきましたが、ネットワーク切断の現象は発生しませんでした。


再現性なし 原因不明

原因不明という結論になりました。継続検証については、検証部にて打ち切りの判断となりました。原因を究明し WG2600HP2 の新しい ファームウェア 提供を期待していましたが、可能性は低い状況です。



ネットワークトラブルは 6件 把握

WG2600HP2 の無線や有線でのネットワークトラブルについてメーカーサポートは 6件 把握しています。(2017年 10月) しかし、コールセンター内では情報が共有されていません



熱問題 を認識

ストリーミング等で常時接続し、高負荷をかけた状態で検証を行った結果 58.6 ℃ まで熱を持つことが分かりました。限度値 60 ℃に近いため、次の製品で改善される可能性があります。

64 ℃ で実行される 制御モード の暴発が原因では?

Aterm WG1800HP2 が安定動作

現状では、Aterm WG1800HP2に切り替え安定して動作している状況です。メーカーサポートに確認すると「WG1800HP2 は廃盤になるので案内はちょっと…。」とのことでした。

もし、ネットワーク切断に悩まれている場合は 「WG1200HS2を試してほしい。」との事です。


WG2200HPWG1900HP ではない点は察してください…。


ネットワーク切断の一時的な対策方法

Aterm病や熱暴走が発生するとしばらくの間インターネットやネットワークを利用することが出来ません。メーカーサポートで原因不明と判断されたため、唯一の対策方法です。

電源を抜きしばらく放置する

5 分~ 20 分 ほど電源を切った状態にし、本体を触り冷却が確認できたら再び接続します。ルーターの ACTIVE ランプが点灯したのを確認出来たら完了です。

Aterm の ACTIVE ランプが点灯しない



NEC Aterm WG2600HP2 の Aterm病対策 (効果なし)

電源の抜き差しで一時的に対応することは可能です。しかし、頻繁に発生する場合は本体の設定を変更することで頻度が少なくなる場合があります。


NAPT の設定を変更しても効果はありません

1.管理画面 [http://192.168.10.1] を開きパスワードを入力します。

2.[ 詳細な項目を表示 ] をクリックします。

3.[ 詳細設定 ] 内の [その他の設定 ] をクリックします。

4.NAPT設定 の TCP タイマ(秒)を [ 900 ] 、UDP タイマ(秒)を [ 75 ] に変更します。

5.画面下部の [ 設定 ] ボタンをクリックし、確認メッセージが表示されたら [ OK ] をクリックします。



NEC Aterm WG2600HP2 の熱暴走対策

NEC Aterm WG2600HP2 は最大消費電力 32W となっており、これまでのシリーズよりも熱を発しやすくなっています。

設置場所に空間をあける

Aterm WG2600HP2

前後左右 5cm、上 5cm 以内に、パソコンや壁などのモノがない場所に設置します。

Aterm WG2600HP2 設置のしかた



横置き・ 壁掛けをしない

横置き・ 壁掛けをすると通風孔をふさぐような状態になります。通風孔をふさぐと、内部に熱がこもりトラブルの原因となります。



オート ECO モードを設定する

Wi-Fi 接続が 約240秒 以上ない場合、自動的にオートECOモードが起動します。オートECOモードでは、無線回路の一部が停止するため消費電力を抑えることが出来ます。

Aterm WG2600HP2 消費電力を抑える



USB ファンでルーターを冷却する

Aterm WG2600HP2 冷却ファン

ルーターに風をあてて冷却させます。NEC Aterm WG2600HP2 は背面に USB ポートがあり、USB ポートから電源供給が可能です。

スリムコンパクトファン FSS-106U



NEC Aterm WG2600HP2 についてメーカーサポートに確認しました

USB ポートから電源をとることについて製品の使用上問題があるのか確認しました。


1.Aterm WG2600HP2 の USB ポートから電源をとり USB ファンなどの製品を動作させることに問題はありますか?

■Aterm サポート
Aterm WG2600HP2 の USB ポートは USB 3.0 規格となっており 900mA1.5V 以内の USB 機器を接続する場合は問題ありません。


2.Aterm WG2600HP2 の USB ポートから電源をとることによって、製品の劣化が進むという事はありますか?

■Aterm サポート
USB ポートは USB メモリや外付けハードディスク、USB カメラ を接続した利用を想定しております。動作検証を行っており USB ポートを使用することで Aterm 製品が劣化する事はありません


USB 3.0 規格 900mA、1.5V 以内の USB ファンを接続し電源をとることについては 製品の使用上問題ない と回答いただきました。また、ファンの設置場所について通風孔に風をあてるより USB ポート側から風をあてると冷却効果が高いという情報があります。

Aterm WG2600HP2 USB ポートを使う


Copyright(C) 岐阜パソコン教室 All Rights Reserved.