ホームブログ記事表示
注意 2017.10.19
ウイルスバスター Windows 10 Fall Creators Update (RS3) で不具合発生

ウイルスバスターをインストールした Windows 10 のパソコンで Fall Creators Update (RS3) を実行するとブルースクリーンが表示され起動しなくなる不具合が報告されています。

Fall Creators Update (RS3) を実行する前にウイルスバスターを削除することで対応可能です。


ウイルスバスター をインストールしたパソコンで Fall Creators Update を実行すると

Fall Creators Update 適用後の再起動時に、ブルースクリーンとエラーメッセージが表示され起動できなくなります。

PAGE_FAULT_IN_NONPAGED_AREA
WHEA_UNCORRECTABLE_ERROR

再起動を繰り返し実行されるためエラーのループ状態になります。


ウイルスバスター クラウドの Windows 10 Fall Creators Update (RS3) の対応状況について



Windows 10 Fall Creators Update (RS3) での対応方法

ブルースクリーンエラー後の起動時に Fall Creators Update のインストールが中断した状態で起動できるときがあります。その時に ウイルスバスターをアンインストール (削除) します。


ウイルスバスターの使用を停止する

簡単なトラブルの解決方法は、ウイルスバスター クラウドを削除し使うのをやめる事です。

ウイルス対策ソフトの選び方


Windows10 Fall Creators Update に対応したウイルスバスター クラウドのインストール方法(NEC製PC プリインストール版)

NEC 製 プリインストール版 ウイルスバスターについて対応ページが作成されました。まだ、修正ファイルは公開されていません


2017年 10月 25日 公開されました。

Windows10 Fall Creators Update に対応したウイルスバスター クラウドのインストール方法(NEC製PC プリインストール版)



NTT のセキュリティ対策ツール でもインストールに不具合

NTT のセキュリティ対策ツールウイルスバスター です。 Fall Creators Update を実行すると同様の不具合が発生します。

NTT のサポートに確認すると、トレンドマイクロの修正を待っている状態で、削除する方法しか対策がありません。

■今後の対応について
「セキュリティ対策ツール」( Windows 版 ) を改修後リリースを予定しております。


Windows 10 環境における「セキュリティ対策ツール」( Windows 版 ) のインストール不具合に関するお知らせ



強化版アンインストールツールでの削除方法

通常のアンインストールでウイルスバスターを削除すると情報のゴミが残ります。完全とは言えませんが強化版アンインストールツールを使うことで軽減されます。

VB2018_120_win_jp_Tool_TMRemnantFileRemoveTool_hfb0001.exe

VB2018_120_win_jp_Tool_TMRemnantFileRemoveTool_hfb0001.exe

ウイルスバスターが消せなくて困っていませんか?



ウイルスバスターの修正モジュールを公開


社内で検証しようともせず、ユーザー環境の責任にしようとしていたトレンドマイクロですが、インプレス に掲載されてしまったせいか、めずらしく早めの対応をしています。

※ NEC プリインストール版のウイルスバスターは放置状態 (2017年 10月 20日)



修正モジュールの適用方法

1. 何度かブルースクリーンを表示させ Fall Creators Update が中断した状態にします。

2.[ 修正モジュール ] をダウンロードします。
ウイルスバスター クラウドver12 修正モジュール
ウイルスバスター クラウドver11 修正モジュール

3.[ 修正モジュール ] を ダブルクリック し実行します。

4.修正モジュール適用後、パソコンを [ 再起動 ] します。

5.Windows 10 の [ Fall Creators Update ] を実行します。


ウイルスバスター クラウドの Windows 10 Fall Creators Update (RS3) の対応状況について



トレンドマイクロ ウイルスバスターの対応について

Windows 10 のアップデートは Microsoft に登録することで、開発中のバージョンをリリースされる前にプレビュー版としていち早く利用することができます。開発者は、その情報をもとに検証を行い、不具合が発生した場合は対応策を準備します。

トレンドマイクロのウイルスバスターは、Windows 10 Creators Update (RS2) でもブルースクリーンが発生する不具合を出していました。今回の トレンドマイクロ お客さまコミュニティ でのやりとりを確認すると、トレンドマイクロは社内で検証しておらず、ユーザーを実験台にしているように感じます。


それでもまだ ウイルスバスター を使い続けますか?

ウイルスバスター クラウド

windowsupdate にて KB4043961がインストールされて再起動後起動不能になる。


Copyright(C) 岐阜パソコン教室 All Rights Reserved.