ホームブログ記事表示
ESET 2015.03.25
ESET に変えても重い?

「ESET を入れてみたけど重い」といった声を何度か聞いたことがあります。このような場合の大半は、お客様ご自身でインストールや設定をされています。

ウイルス対策ソフトのインストールは、パソコンの状態を確認して作業する必要があります。


重くなる原因は?

ESET はメモリ使用量も少なく非常に軽いウイルス対策ソフトです。ウイルス対策ソフトのインストールで、重くなってしまうポイントがいくつかあります。

他にウイルス対策ソフトが入っている

何か他にインストールされていませんか?と確認し「何も入っていない」と言われた後、パソコンを確認すると NTT セキュリティ対策ツール や ウイルスバスター、マカフィー がインストールされている場合があります。


他にファイアウォールソフトが入っている

他に注意深く確認すると ウイルス対策ソフトは入っていないが、機能が重複してしまう ファイアウォールソフト や フィッシング対策ソフト が入っている場合があります。


他のウイルス対策ソフトが完全に消せていない

新規で ESET を導入する場合は問題ありませんが、他社ウイルス対策ソフトから乗り換えの場合、完全に削除しておく必要があります。


パソコンの性能が低い

低価格パソコンに多い CPU セレロン(Celeron) を搭載されたパソコンの場合、動作が変わらない場合があります。性能が低いパソコンでは ESET の設定を変更することで改善される場合があります。


Windows 8 の場合

Windows 8 には多数の不具合やトラブルが報告されています。致命的な 高速スタートアップ問題 は、いまだに対応されていません。他の不具合も修正されず Windows 10 に移行すると予想されます。ESET の場合では、起動が遅延してしまう報告があります。


設定の変更方法

1.[ スタート ] ボタンをクリックし [ すべてのプログラム ] にカーソルをあわせます。

2.[ ESET ] フォルダをクリックし [ ESET Smart Security ] フォルダをクリックします。

3.ESET Smart Security フォルダ内の [ ESET Smart Security ] をクリックします。

4.[ 設定 ] タブをクリックし [ 詳細設定を表示する ] をクリックします。


5.詳細設定の画面から [ コンピュータ ] をダブルクリックし、[ HIPS ] をクリックします。

6.[ 高度なメモリスキャナを有効にする ] のチェックをはずします。

7.[ OK ] ボタンをクリックします。

ekrn.exeのCPU使用率が100%になるのは?



ESET Smart Security の旧バージョンをインストールする

設定を変更しても動作が改善しない場合は ESET の旧バージョンをインストールします。ただし、旧バージョンに抵抗がある場合は最新版をお使いください。

2016年 3月 17日から公開される V9 はインターネットバンキング保護の追加やボットネットプロテクションの強化があり魅力的です。しかし、メモリバグや動作が不安定なこともあり、あまりお勧めしません。


Windows 7 の場合

ESET Smart Security V8 が安定して動作します。

ESET Smart Security V8.0 インストール手順


Windows 8 の場合

ESET Smart Security V7 が安定して動作します。

ESET Smart Security V7.0 インストール手順


Windows 10 の場合

最新のバージョンをお使いください。旧バージョンでは動作が遅くなる不具合があります。


その他の旧バージョンを ESET のサポート情報から再度ダウンロードすることができます。

プログラムを再度ダウンロードするには・・・


Copyright(C) 岐阜パソコン教室 All Rights Reserved.