ホームブログ記事表示
注意 2018.01.06
Google Chrome の Meltdown and Spectre 対策 サイト分離を有効にする方法

Google が提供するウェブブラウザ Google Chrome (クローム) には、サイト分離というオプションの機能があります。

ウェブサイトを別々のアドレス空間に分離することで、投機的実行機能による攻撃 (Meltdown and Spectre) を緩和することができます。


Google Chrome のサイト分離を有効にする方法

サイト分離を有効にすると Google Chrome のセキュリティが高くなります。各ウェブサイトが独立したプロセスで読み込まれるようになるため、発行元が同じ他のウェブサイトからユーザーデータが盗まれるのを防ぐことができます。


1.パソコンから [ Chrome ] を起動します。

2.アドレスバーに [ chrome://flags/#enable-site-per-process ] を入力します。

3.[ エンター ] キーを押して設定画面を表示させます。

4.[ Strict site isolation ] の右に表示される [ 有効にする ] ボタンをクリックします。

5.[ 今すぐ再起動 ] をクリックします。

サイト分離を有効にしてセキュリティを高める



報告されている問題点

サイト分離を有効にすることで Google Chrome のセキュリティが高くなります。しかし、一部の動作で不具合が発生します。

Chrome のメモリ使用量が約 10〜20% 増加します
iframe を使用したウェブサイトを印刷すると空白になります
iframe を使用したウェブサイトが正しく表示できない場合があります

※ iframe を使用したウェブサイトを印刷するには、ページをパソコンに保存し、保存したファイルを開いて印刷してください。

Chromium Security‎ Site Isolation



Google Chrome の対応予定

Google Chrome のバージョン 64 は 2018年 01月 23日 以降にリリースされる予定です。脆弱性の悪用から保護するための緩和策が含まれています。

Chrome 64, due to be released on January 23, will contain mitigations to protect against exploitation.
Additional mitigations are planned for future versions of Chrome.

Google’s Mitigations Against CPU Speculative Execution Attack Methods


Copyright(C) 岐阜パソコン教室 All Rights Reserved.