ホームブログ記事表示
サポート情報 2018.04.02
Netcommunity OG シリーズのルーター設定情報が改ざんされる問題

2018年 2月末頃からルーターの DNS 情報を書き換えられてしまう被害が報告されています。

設定情報が改ざんされるとインターネットに接続できなくなったり、マルウェアを導入させるページへ誘導されます。


ルーターの設定情報 DNS に関する設定が改ざんされると

[ Facebook 拡張ツールバッグを取付て安全性及び使用流暢性を向上します。 ] [ 閲覧効果を良く体験するために、最新 chrome バージョンへ更新してください。 ] といったメッセージが表示されます。

[ OK ] ボタンをクリックしないよう注意してください

Wi-Fi ルータの DNS 情報の書換え後に発生する事象について



被害対象となる機器

NTT 東日本、NTT 西日本が法人向けに提供している [ Netcommunity OG ] シリーズで被害の報告が多い状況です。


Netcommunity OG410Xa
Netcommunity OG410Xi
Netcommunity OG810Xa
Netcommunity OG810Xi


ひかり電話オフィス A (エース)/ひかり電話オフィスタイプ対応アダプター、ファームウェア最新版を含む全バージョンが対象となります。

Netcommunity VGシリーズ・OGシリーズ (ひかり電話オフィスタイプ対応)

2018年 4月 2日 ロジテックの取り扱うルーターについて重要なおしらせが公開されました。

ルーターに設定されているユーザー名やパスワードは [ admin ] が初期値となっています。

インターネット上での接続障害について ロジテック株式会社



バッファローのルーターも注意!

株式会社バッファローが提供するルーターも初期値が設定されています。

ユーザー名 [ root ] パスワード [ root ]
ユーザー名 [ admin ] パスワード [ root ]
ユーザー名 [ admin ] パスワード [ password ]

の組み合わせで設定されているルーターが多く、パスワードを変更していない場合は改ざんの被害にあう可能性があります。



ルーター設定情報が改ざんされる条件

以下の条件を満たす場合に発生する可能性があります。


インターネットに接続している
セキュリティ設定の [ ステルスモード ] が無効になっている
機器設定用ログインパスワードを初期値から変更していない


「Netcommunity OGシリーズ」におけるインターネット接続不可事象について

「Netcommunity OGシリーズ」におけるインターネット接続不可事象について PDF



Netcommunity OG ルーターの設定について

[ NTT の RT-500KI / RT-500MI に他社ルーターを使う方法 ] と同様に、設定を業者に依頼した場合、ユーザー名やパスワードの推測が可能です。

初期値 [ user ] から変更しない業者が非常に多い

Netcommunity OG410X / OG810X 取扱説明書



パスワードを変更する

パスワードが初期値の場合は変更します。

1.ユーザー名、パスワード [ user ] でログインし設定画面を表示させます。

2.左側のメニューから [ 基本設定 ] ― [ ユーザ用アカウント設定 ] をクリックします。

3.変更する [ パスワード ] を入力し [ 設定保存 ] クリックします。
 ※ 半角英数字と記号 16 文字以内で入力します



NTT 西日本の電話サポート

機器の設定方法など取扱説明書に記載された内容について電話で説明を受けることができます。

通信機器お取扱相談センタ0120-248-9959:00 ~ 17:00

NTT 西日本 電話でのお問い合わせ


Copyright(C) 岐阜パソコン教室 All Rights Reserved.