ホームブログ記事表示
サポート情報 2015.04.04
Cドライブの容量不足を解決するには?

ディスクのクリーンアップや、使用していないファイルを削除してもいつのまにか容量不足の警告が出てしまい、ファイルが保存できず困っているという相談がありました。

空き容量の不足は、パソコンの機能低下や起動しないなどのトラブルの原因となります。


容量不足の原因は?

普段使っている [ デスクトップ ] [ マイ ドキュメント ] [ マイピクチャ ] は、パソコンを使い続けていくうちに、データが保存され空き容量が少なくなります。

一時ファイルが残っている
不要なアプリがインストールされている
ごみ箱が空になっていない
仮想メモリの設定
システムの復元のディスク使用量を減らす
復元ポイントの削除


仮想メモリの設定

1.[ スタート ] ボタンをクリックし、[ コンピュータ ] を右クリックします。

2.表示されたメニューから [ プロパティ ] をクリックします。

3.[ システム ] から [ システムの保護 ] をクリックします。


4.[ システムのプロパティ ] から [ 詳細設定 ] タブをクリックします。

5.[ パフォーマンス ] から [ 設定 ] をクリックします。


6.[ パフォーマンスオプション ] の [ 詳細設定 ] タブをクリックします。

7.[ 仮想メモリ ] の [ 変更 ] をクリックします。


8.[ C: ] を [ ページングファイルなし ] に設定し、[ D: ] を [ システム管理サイズ ] に設定します。

 ※ 断片化している場合の設定は、ページファイルの断片化を解消するには?


システムの復元のディスク使用量を変更する方法

1.[ スタート ] ボタンをクリックし、[ コンピュータ ] を右クリックします。

2.表示されたメニューから [ プロパティ ] をクリックします。

3.[ システム ] から [ システムの保護 ] をクリックします。


4.[ システムのプロパティ ] から [システムの保護 ] タブをクリックします。

5.[ 保護設定 ] から [ ローカルディスク(C:) ] を選択し [ 構成 ] をクリックします。


6.[ ディスク領域の使用量 ] を [ 2%~ 5%] に動かし [ OK ] ボタンをクリックします。


※ ディスク使用量を変更すると、[ 古い復元ポイントが一部削除されます。続行しますか? ] というメッセージが表示されます。 [ はい ] をクリックします。


Copyright(C) 岐阜パソコン教室 All Rights Reserved.