ホームブログ記事表示
サポート情報 2015.04.11
パソコンの動作が遅い原因は?

ハードディスクの空き容量を増やしたり、メモリを増設してもパソコンが遅くて困っているお客様から、メンテナンスのご依頼がありました。

パソコンの動作を遅くしてしまう要因はいくつかあります。その中で、比較的簡単なアンインストール(削除)することで動作が改善する方法をご紹介します。


アンインストール (削除) する方法

Windows のバージョンによって設定から削除する方法もありますが、操作はコントロールパネルから行います。また、アプリによって削除後にパソコンの再起動が必要となる場合があります。

Windows 10 でのアンインストール 方法

Windows 10 で、デスクトップアプリを削除する方法について教えてください。


Windows 8 でのアンインストール 方法

Windows 8 / 8.1で、デスクトップアプリを削除する方法について教えてください。



アンインストール (削除) するソフト

削除することで動作が改善するソフトは複数あります。

ウイルスバスター

動作が遅いパソコンの多くにウイルスバスターがインストールされています。削除して他のウイルス対策ソフトに変更すると動作が改善します。NTT のセキュリティ対策ツールもウイルスバスターです。


McAfee Security Scan Plus

広告ソフト McAfee Security Scan Plus がウイルス対策ソフトと重複してインストールされていると動作が遅くなります。


ポップアップリンク (Info.Board)

メーカー製パソコンには更新情報や案内をポップアップで表示するソフトがインストールされています。使用しない場合は削除します。

Windows 10でパソコン使用中にインフォボードが起動しないように設定する方法


オンライン同期ソフト

DropboxOneDriveなどのオンライン同期を必要とするクラウドサービスが常駐している場合は動作が遅くなります。一時的に停止しておくか必要なければ削除します。


google ツールバー

google ツールバー以外に yahoo ツールバーや、biglobe ツールバーなどが重複してインストールされていると動作が遅くなる場合があります。


JWord

最近ではみかけませんが数年前のメーカー製パソコンには、はじめからインストールされています。スパイウェアのような動作をするため削除します。



間違った情報も?

「動作が早くなれば…」と、なんでも設定してしまいがちです。しかし、パソコンが正常に動かなくなったり、セキュリティレベルを下げてしまいウイルスに感染してしまう危険性があります。インターネットには誤った情報も記載されているので注意が必要です。

自動アップデートを無効にする
システムの復元を無効にする
全てのドライブをデフラグする
Cドライブを圧縮する

これらは、誤った情報なので設定しないよう注意してください。


Copyright(C) 岐阜パソコン教室 All Rights Reserved.