ホームブログ記事表示
サポート情報 2015.05.05
ウイルスバスターが消せなくて困っていませんか?

ウイルスバスターを消したいけど消せない。そのようなトラブルでお困りのお客様が多くいらっしゃいます。削除できないと他のウイルス対策ソフトがインストールできません。

アンインストール画面から実行すると、完全にファイルを消さずゴミを残します。


システムの空き容量が不足している

ハードディスクの空き容量が少ない場合、アンインストールの処理が行われず途中で止まってしまいます。また、メモリの空き容量が足りなくなった場合も、実行中にエラーが表示されアンインストールできません。


管理者権限がない

管理者権限がないアカウントでログインしている場合、アンインストールが実行できません。一度 Windows をログオフし、管理者権限を持っているアカウントでログインしてから、再度実行する必要があります。


パスワードを忘れてしまった

パスワードを設定した場合、削除にパスワードの入力が必要になります。インストール時に設定するため、忘れてしまう方が非常に多いです。


アンインストールに失敗している

すべてのプログラムからアンインストールに失敗した場合、項目が消えてしまい実行できなくなります。再インストールし、トレンドマイクロ サポートツールから削除します。

1.[ スタート ] ボタンをクリックし、[ コンピュータ ] をクリックします。

2.[ ローカルディスク(C:) ] をクリックし、 [ Program Files ] - [ Trend Micro ] - [ Titanium ] フォルダを開きます。

3.フォルダ内にある [ SupportTool.exe ] をダブルクリックします。

4.[ トレンドマイクロ サポートツール ] が起動したら [ アンインストール ] タブをクリックします。


5.[ ソフトウェアのアンインストール ] をクリックします。

ウイルスバスター クラウドのアンインストール方法


削除ツールを使う

通常で削除できた場合でも、ファイルの断片が残っている場合があります。完全削除に削除したい場合は、トレンドマイクロが提供しているアンインストールツールを使います。

ウイルスバスター クラウドアンインストールツール


旧バージョンのウイルスバスター 2005、2006、2007、2008、2009、2010、2011 を削除する場合は、旧バージョン専用の削除ツールを使います。

ウイルスバスター2011アンインストールツール


通常起動から実行できない場合は、セーフモードから実行してください


Copyright(C) 岐阜パソコン教室 All Rights Reserved.