ホームブログ記事表示
サポート情報 2015.05.18
グーグル クロームで表示が遅い原因は?

グーグル クロームでホームページを見ようとすると、しばらく待たないと表示されなかったり、動画の再生でカクカクと止まってしまう とご相談がありました。

他のブラウザで確認したところ表示に問題がなかったので、インターネットの回線が原因ではないと判断しました。


プラグインを確認する

重複しているプラグインがあると動作が遅くなる場合があります。

1.アドレスバーに [ chrome:plugins ] を入力します。


2.重複しているプラグインは ( 2 files ) と表示されます。

3.右上の [ 詳細 ] をクリックします。


4.重複しているプラグインのタイプ [ PPAPI ] を無効にします。

 ※ 無効にすると背景がグレー表示になります


拡張機能を確認する

クローム ウェブストア では無料で便利な機能を追加することができます。ただし、便利だからといっても入れ過ぎてしまうと動作が遅くなる原因になります。

1.アドレスバーに [ chrome:extensions ] を入力します。


2.使っていない拡張機能の [ ゴミ箱 ] アイコンをクリックします。


3.確認画面が表示されたら [ 削除 ] ボタンをクリックします。


 ※ 削除の判断ができない場合は、無効に設定します


試験運用機能を確認する

拡張機能とは別に試験運用機能も搭載されています。画面を表示させると 問題が発生する可能性があるため、ご利用の際には十分ご注意ください と警告がでます。

1.アドレスバーに [ chrome://flags ] を入力します。


2.各項目を設定します。

ソフトウェア レンダリング リストをオーバーライドを有効にする
ハイパーリンク監査の無効化
タブ/ウィンドウを高速に閉じる機能を有効にする
拡張ブックマークを無効化

3.左下の [ 再起動 ] ボタンをクリックします。


Google Chrome Task Manager の起動方法

グーグル クロームにタスクマネージャーを表示させる機能があります。表示名で判断できる場合は、プロセスを選択して終了させることもできます。

1.クロームを表示させ [ Shift ] と [ Esc ] キーを押します。


2.メモリ消費の大きい拡張機能や、CPUに負荷のかかっている機能を選択して [ プロセスを終了 ] ボタンをクリックします。


Copyright(C) 岐阜パソコン教室 All Rights Reserved.