ホームブログ記事表示
サポート情報 2015.06.18
Windows 7 のフォルダー自動整列を無効にする方法

Windows 7 は Windows XP と同様に安定した OS で、サービスパック等のアップデートにより、機能の改善が行われています。

フォルダ表示に使用されるエクスプローラーは、自動で並び替えが行われるため、ファイルを見失ってしまう事があります。


自動整列機能を無効にする

Windows XP ではメニューから無効にすることが可能でしたが Windows 7 では過去に発生していたエクスプローラーのエラーを避けるため、無効になったと推測されています。



レジストリエディタから機能を無効にする

メニューからの無効機能が削除されているため、レジストリエディタから自動整列機能を無効にします。


1.[ Win ] + [ R ] キーを押して [ ファイル名を指定して実行 ] を起動します。

2.[ regedit ] を入力して [ OK ] ボタンをクリックします。

HKEY_CLASSES_ROOT\Local Settings\Software\Microsoft\Windows\Shell

3.[ Bags ] キーを右クリックし [ 削除 ] を選択します。


4.[ Shell ] キーを右クリックし [ 新規 ] → [ キー ] を選択しキー名を [ Bags ] に変更します。

5.[ Bags ] キーを右クリックし [ 新規 ] → [ キー ] を選択しキー名を [ AllFolders ] に変更します。

6.[ AllFolders ] キーを右クリックし [ 新規 ] →[ キー ] を選択しキー名を「Shell」に変更します。

7.[ Shell ] キーを右クリックし [ 新規 ] → [ キー ] をクリックします。

{5C4F28B5-F869-4E84-8E60-F11DB97C5CC7}

8.作成したキーを開き右クリックし [ 新規 ] → [ DWORD(32ビット)値(D) ] をクリックします。

9.値の名前を [ FFlags ] にし 値の編集画面から [ 43000000 ] を入力 [ OK ] をクリックします。


10.さらに右クリックし [ 新規 ] → [ DWORD(32ビット)値(D) ] をクリックします。

11.値の名前を [ Mode ] にし 値の編集画面から [ 1 ] を入力 [ OK ] をクリックします。


{5fa96407-7e77-483c-ac93-691d05850de8}
{7d49d726-3c21-4f05-99aa-fdc2c9474656}
{94d6ddcc-4a68-4175-a374-bd584a510b78}
{b3690e58-e961-423b-b687-386ebfd83239}

12.同様にキーを作成し、各値の設定を行ないます


13.レジストリエディタを終了し、パソコンを再起動します。



変更しても動作しない場合は?

正常に動作しない場合は、レジストリにフォルダの設定情報が残っている場合があります。

HKEY_CLASSES_ROOT\Local Settings\Software\Microsoft\Windows\Shell\Bags

キーの内容を確認し [ 数字 ] キーがあれば削除します。


Copyright(C) 岐阜パソコン教室 All Rights Reserved.