ホームブログ記事表示
Windows10 2015.12.27
Windows 10 のプライバシー設定に注意!

Windows 10 の初期設定で「簡単設定を使う」を選択した場合、ほぼ全てのプライバシー情報を送信するように設定されます。

プライバシー情報を送信する機能は、無効にすることが可能ですが、気が付かないうちに有効になっている場合があります。


Windows 10 のプライバシー設定

プライバシー設定のすべてをオフにする必要はありません。プライバシー設定の内容について理解し、納得した上でこれらの機能をオンにしていることが重要です。

1.画面左下の [ スタート ] をクリックし [ 設定 ] をクリックします。

2.設定画面から [ プライバシー ] をクリックします。

3.[ 全般 ] をクリックし [ プライバシーオプションの変更 ] を表示させます。



アプリ間のエクスペリエンスのために、アプリで自分の広告識別子を使うことを許可する

アプリ内に表示される広告をユーザーに合わせたものにする設定です。


SmartScreenフィルターをオンにしてWindowsストアアプリが使うWebコンテンツ(URL)を確認する

フィッシング詐欺やマルウェアなど、悪意のあるコンテンツやダウンロードからPCを保護する機能です。


入力に関する情報をMicrosoftに送信して、タイピングと手書きの今後の改善に役立てる

キーボードや手書きで入力した単語をマイクロソフトに送信する設定です。


Webサイトが言語リストにアクセスできるようにして、地域に適したコンテンツを表示する

利用する言語に合わせてコンテンツを変化させる機能です。


Windows 10 の位置情報設定

4.[ 位置情報 ] をクリックし [位置情報設定 ] を表示させます。

位置情報

現在位置や位置情報を送信する設定です。これらの機能はアプリごとに設定が変更できます。


Windows 10 の音声認識、手書き入力、タイピング設定

5.[ 音声認識、手書き入力、タイピング ] をクリックし [ あなたに関する情報の収集 ] を表示させます。

6.Bing の設定も変更する場合は [ Bingに移動してすべてのデバイスの個人情報を管理する ] をクリックします。

あなたに関する情報の収集

音声アシスタントを始めとする、さまざまな場面でユーザーに合わせたものにする設定です。


Windows 10 のフィードバックと診断設定

7.[ フィードバックと診断 ] をクリックし [ フィードバックの間隔 ] を表示させます。

フィードバックの間隔

製品とサービス向上のために利用状況のフィードバック送信を求める通知が表示されます。その通知頻度を変更する設定です。


Windows 10 の Wi-Fi センサー設定

Wi-Fi センサーは、ネットワークの接続情報を共有することで、インターネットアクセスを簡単にする機能です。しかし、意図せず連絡先に登録されている全員に、接続情報が共有される危険があります。

1.画面左下の [ スタート ] をクリックし [ 設定 ] をクリックします。

2.設定画面から [ ネットワークとインターネット ] をクリックします。

3.[ Wi-Fi ] を選択し [ Wi-Fi 設定を管理する] をクリックします。

4.[ 推奨されたオープン ホットスポットに接続する ] をクリックし [ オフ ] にします。


Copyright(C) 岐阜パソコン教室 All Rights Reserved.