ホームブログ記事表示
注意 2016.02.05
Flash Player のアップデート広告に注意!

「このコンテンツを表示させるには、Flash Player のアップデート版が必要です。」といった Flash Player の更新警告のように見せかけ、関係のない悪質なソフトウェア(ウイルスなど)をインストールさせようとする広告があります。

最近では、動画コンテンツを楽しまれている方も多く、偶然表示できなくなった時に更新警告が表示されると誤ってクリックしてしまう可能性があります。


偽物の Flash Player 広告とは?

広告はデスクトップ画面上ではなく、ブラウザの右下や中央下に表示されることが多く、画面をスクロールしても常に表示されるのが特徴です。



間違えてインストールしてしまうと

ファイルは exe の実行ファイル形式になっており、インストールの同意画面が表示されます。ここで 同意ボタン を押すとウイルスなどのマルウェアがインストールされます。

ソフト名内容
Search Protect
ブラウザジャック
RegClean Pro
エラー警告アドウェア
MyPCBackup
広告表示ソフト
Advanced System Protector
ウイルス警告アドウェア
MyBestOffersToday
ブラウザ常駐アドウェア
System Speedup
エラー警告アドウェア

※ 勝手にインストールされることはありません


偽物 Flash Player 広告の対策方法

ウイルス対策ソフトが入っているから安心ということはありません。警告を出していても自分で 同意ボタン を押してインストールしてしまうケースが大半です。さらにウイルスバスターはまったく反応ありませんでした。


URLを確認する

Adobe 製品の Flash Player は、https://get.adobe.com/jp/flashplayer/ が含まれます。

クリックする前に、広告の上にカーソルを移動してしばらくすると Adobe 製品とは異なるURL https://yepdigital.adk2.com/click/ が表示されます。



無視する(×バツボタンを押さない)

よく分からない時は「×ボタンで消しましょう」と、ご案内してきましたが広告は画像一体型のため、どこをクリックしても実行されます。



公式ページを利用する

更新警告が表示されたら、すぐにクリックせず公式ページを利用します。ブラウザでお気に入り登録(ブックマーク)しておくとアクセスに便利です。

Adobe Flash Player のバージョン確認

Adobe Flash Player のダウンロード


Copyright(C) 岐阜パソコン教室 All Rights Reserved.