ホームブログ記事表示
Windows10 2016.07.25
Windows 10 で不要な OneDrive を無効にする方法

OneDrive は Windows 8.1 から搭載された機能でクラウドを利用して、インターネット上にデータを保存することができます。

ユーザーフォルダにある OneDrive に保存したデータを自動で同期し保存します。しかし、同期の失敗でデータを紛失したり、設定を間違えてしまうと不特定多数の人に公開してしまう危険もあります。


OneDrive を非表示にする


OneDrive は、Windows 10 に組み込まれているためアンインストールできません。Windows 10 のナビゲーションウィンドウにある OneDrive は、レジストリを編集することで非表示にできます。

HKEY_CLASSES_ROOT\CLSID\{018D5C66-4533-4307-9B53-224DE2ED1FE6}

System.IsPinnedToNameSpaceTree (REG_DWORD)

値を0 (非表示) にします。

上記のレジストリを変更してもナビゲーションウィンドウにある OneDrive が非表示になるだけです。



OneDrive を無効にする


ローカル グループポリシーエディターを使用して無効にします。 この操作で OneDrive がパソコンから削除されるわけではありませんが、クラウドとの同期や他のアプリとの接続が行われなくなり、エクスプローラーのナビゲーションウィンドウから削除されます。


1.[ Windows キー ] + [ R キー ] を押して [ ファイル名を指定して実行 ] を表示させます。

2.[ gpedit.msc ] を入力して [ OK ] をクリックします。

3.[ ローカルコンピューターポリシー ] - [ コンピューターの構成 ] - [ 管理用テンプレート ] - [ Windows コンポーネント] のフォルダーに移動します。

4.Windows コンポーネントの [ OneDrive ] をダブルクリックします。

5.[ OneDrive をファイル記憶域として使用できないようにする ] をダブルクリックし [ 有効 ] を選択し [ OK ] をクリックします。

OneDrive を削除する

管理者権限でコマンドプロンプトをひらき操作します。自己責任で実行してください。

1.タスクバーの [ Windows アイコン ] を右クリックし [ コマンドプロンプト(管理者) ] を選択します。

2.OneDrive の実行ファイルを削除します。

taskkill /f /im OneDrive.exe

%SystemRoot%\SysWOW64\OneDriveSetup.exe /uninstall

rd "%UserProfile%\OneDrive" /Q /S
rd "%LocalAppData%\Microsoft\OneDrive" /Q /S
rd "%ProgramData%\Microsoft OneDrive" /Q /S
rd "C:\OneDriveTemp" /Q /S

REG Delete “HKEY_CLASSES_ROOT\CLSID\{018D5C66-4533-4307-9B53-224DE2ED1FE6}” /f
REG Delete "HKEY_CLASSES_ROOT\Wow6432Node\CLSID\{018D5C66-4533-4307-9B53-224DE2ED1FE6}" /f



Windows 10 Home では?

Windows 10 Home にはグループポリシーエディタが搭載されていないため実行することができません。レジストリから OneDrive を無効化します。

HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Policies\Microsoft\Windows

1.まで移動し右クリック [ 新規 ] [ キー ] を選択し、キー名 [ OneDrive ] か [Skydrive] を作成します。

2.右クリックし [ 新規 ] [ DWORD(32ビット)値(D) ] を選択します。

3.値の名前を [ DisableFileSyncNGSC ] にし [ Enter ] キーを押します。

4.DisableFileSyncNGSC を右クリックし [ 修正 ] を選択します。

5.値の編集画面から [ 1 ] を入力し [ OK ] をクリックします。


OneDrive をオフにするかアンインストールする



保存先に表示される OneDrive を削除する

上書き保存や名前を付けて保存するを選択すると OneDrive 個人用 という保存先が表示されます。表示したくない場合はレジストリエディタから設定します。

HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\16.0\Common\General

1.まで移動し右クリックし [ 新規 ] [ DWORD(32ビット)値(D) ] を選択します。

3.値の名前を [ SkyDriveSignInOption ] にし [ Enter ] キーを押します。

4.SkyDriveSignInOption を右クリックし [ 修正 ] を選択します。

5.値の編集画面から [ 0 ] を入力し [ OK ] をクリックします。



未確認ですが以下のキー設定でも可能なようです

HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\16.0\Common\SignIn

HKEY_CURRENT_USER\Software\Policies\Microsoft\Office\16.0\Common\SignIn

SignInOptions

3


How to remove cloud features from Office 2013


Copyright(C) 岐阜パソコン教室 All Rights Reserved.