ホームブログ記事表示
サポート情報 2016.09.30
オフィス 2013 に オフィス 2016 をインストールすると オフィス 2013 が削除される

オフィス 2013 を使用しているパソコンに パワーポイント 2016、アクセス 2016 などの オフィス 2016 製品を追加インストールすると、オフィス 2013 に含まれる ワード 2013、エクセル 2013 が削除され使えなくなります。

以前のバージョンでは、異なるバージョンのオフィスを共存させて使うことが可能でした。ただし、マイクロソフトは技術的な問題が発生する可能性があるため、永続的に共存環境での使用を勧めていません。


オフィス 2016 をインストールすると?

警告もなく削除されるわけではなく、全てのオフィス 2013 製品の削除メッセージが表示され、[ 削除して継続 ] をクリックするとアンインストールが実行されます。オフィス 2013 の製品は使用できなくなり、新たにインストールされたオフィス 2016 製品のみ使用可能となります。



オフィス 2016 の単体バージョンは 2013 にダウングレード可能

マイクロソフトはこの問題を把握しており、マイクロソフト アンサーデスクに連絡することで同一製品の 2013 バージョンを無償で取得することができます。

マイクロソフト アンサーデスク
0120-54-2244
平日 9 時~18 時/土日 10 時~18 時
※祝日および指定休業日除く



例外として共存できる場合も

ビジネスライセンス販売などのボリュームライセンス版をインストールしている場合は、異なるバージョンの共存が可能です。しかし、多くの方がパッケージ版または、ダウンロード版を使用されていると思いますので該当しないと思われます。

問題のないケース
● Office 365 Pro Plus と Office 2013 VL 製品
● Office 2016 VL 製品と Office 2013 VL 製品
● Office 2016 製品 と Office 2010 以前の製品
● Office 2016 for Mac 製品と Office 2011 for Mac 以前の製品

Microsoft Office 2016 購入に関するご注意



更新プログラムで Office 2016 と Office 2013 の共存が可能に

Office 2016 と Office 2013 は、同一 パソコンで共存することができない仕様となっておりましたが、製品の仕様を変更した Office 更新プログラムを適応することで、共存することができるようになります。



最新版の Office ビルド番号 [ 16.0.7369.xxxx ] よりも大きい番号に更新されているか確認し Office 2016 製品のインストールを行います。異なる場合は [ 更新オプション ] [今すぐ更新] を選択し更新します。


Copyright(C) 岐阜パソコン教室 All Rights Reserved.