ホームブログ記事表示
Windows10 2016.11.25
Windows 10 で画面の表示(解像度)を変更する方法

最近では映像を綺麗に表示させるため、高解像度のパソコンが販売されています。100 %ドットバイドットにすると文字やアイコンの表示が小さくなるため初期状態で 125 % ~ 150 %の拡大表示が設定されています。

しかし、これらの設定では一部バランスが崩れて表示されてしまい、とても見づらい場合があります。


文字やアイコンなどの表示倍率を変える

メーカー製パソコンでは、文字表の拡大表示アイコンがデスクトップに用意されています。設定内容を確認し標準(推奨)に戻します。

1.スタートメニューから [ 設定 ] をクリックします。

2.設定メニューから [ システム ] アイコンをクリックします。

3.[ ディスプレイ ] 項目を選択し [ テキスト、アプリ、その他の項目のサイズを変更する ] のスライダーを変更します。

4.[ 100% ] または [ 推奨 ] の表示に変更します。



ディスプレイの解像度を変更する

解像度の変更で全体のバランスが崩れることなく表示することが可能ですが、引き延ばして滲んだ表示になります。

1.スタートメニューから [ 設定 ] をクリックします。

2.設定メニューから [ システム ] アイコンをクリックします。

3.[ ディスプレイ ] 項目を選択し [ ディスプレイのカスタマイズ ] 画面を表示します。

4.下段の [ ディスプレイの詳細設定 ] をクリックします。


5.解像度の項目から [ 推奨 ] 表示よりも下のものを選択し [適用] をクリックします。
※ 複数表示されるので変更を確認しながら決定します

6.[ ディスプレイの設定を維持しますか ] と表示されたら [ 変更の維持 ] をクリックして解像度の変更を確定します。


Copyright(C) 岐阜パソコン教室 All Rights Reserved.