ホームブログ記事表示
注意 2017.01.09
Apple 製品の Macbook パソコンの購入は慎重に!

最近、Apple 製品の Mac について質問される事が多くなりました。iPhone の普及によって知名度が上がり、Mac にも興味を持つ方が増えた為と予測されます。

しかし、Mac については業務利用などの明確な利用目的がない限り安易な購入はおすすめしません。


Mac OS の普及率は僅か 6% 程度しかない

Apple は、昨年 10月に新製品を発表しました。Windows 10 の不調もあり購入者が増加すると予想されていましたが、モニター不具合やバッテリー問題など不具合が多く Mac OS の普及率は下降しています。

マイナビニュース 12月OSシェア (2017/01/03)



新規格 USB-C の普及問題

USB-C ポートのみを搭載した MacBook が 2015年 4月 に発売され、約 2年 経過しますが、全くと言ってよいほど普及していません。

現状 USB 2.0、USB 3.0 が普及しており、メーカーも新製品に USB-C を採用しないため、MacBook を購入した人は変換ケーブル変換アダプターを強制される事になります。

また、Apple が推奨する I/O 規格は消滅する可能性が高く、過去には 1999年 FireWire (ファイヤーワイヤー) 、2011年 Thunderbolt (サンダーボルト) という Windows ユーザーには馴染みのない規格を推奨し消滅させています。

Apple Thunderbolt ケーブルとアダプタ



Retina ディスプレイのコーティング剥がれ問題

MacBook や MacBook Pro に採用されている Retina ディスプレイの反射防止コーティングが簡単にはがれてしまう問題が発覚しました。Apple サポートでは、有償修理 12万円とのアナウンスでしたが、ユーザーからの報告事例が多く、有償対応への反発もあり 1年後、無償交換の公式対応を発表しました。

せっかく高画質を楽しむためのRetinaを選んだのですが、本当にがっかりです。今日アップルストアに相談したのですが、納得のいく回答はしてもらえず
有償での修理か全体のコーティングを剥がしたら?との対応でした。特に持ち運びをしてでもなく自然劣化だと考えています。品質に問題がありと思いました。

Apple サポート MBPr 画面 コーティング剥がれ



MacBook Pro のディスプレイ表示不具合

2016年に発売された MacBook Pro のディスプレイで表示不具合が多数発生しています。Apple のサポートでは OS が原因と考え、OS のアップデートで不具合は解決するとアナウンスしました。

しかし、OS をアップデートしても不具合報告があり現在も解決していません。

Adobe 製品に責任転嫁しようとする動きもありますが、高負荷やスリープ解除時の処理が問題で、原因は 過去にも問題 を起こしている GPU 不具合ではないでしょうか。


私の所有する MacBook Pro で GPU 不具合による画面表示の乱れ問題が発生しております。
これをアップルに相談したところ、原因特定がまだできておらず、現状は修理不可能と言われてしまいました。
それどころかこの問題の原因が特定できるまではこのモデル全ての修理受付をストップしているそうです。

1/7現在 MacBook Pro 2016年モデルは修理受付不可



バッテリー駆動時間のバラツキ問題

MacBook Pro の仕様ページでは最大 10時間 の駆動を明記していますが、購入したユーザーからは 3時間~6時間 程度しか駆動しないと報告があります。


Apple は、バッテリー駆動時間の問題を受けて macOS Sierra 10.12.2 アップデートで、バッテリーの残り時間を表示しないよう修正しました。隠せば問題が解決するのでしょうか?

So by hiding the time remaining we will now get 10 hours of battery life? They're not trying to cover up a problem, right?

macOS Sierra 10.12.2 Removes 'Time Remaining' Battery Life Indicator



Office for Mac の互換性問題

Mac で Word や Excel を作成したり、Windows で作成したオフィスファイルを開き、修正する場合 Office for Mac(約 3万円) の購入が必要です。また、Windows オフィスとの互換性は保証されておらず、レイアウトが崩れて表示されてしまうことが多くあります。


互換性については、皆様が仰っている通りで、文章のみのWordなら見た目もあまり気にすることはありませんが、図形とかが入ってくると配置がずれるとか、色が変になっているとか、或いは、過去、数世代に渡るOffice製品で作ったファイルの更新だと、突然、ファイルを開く事が出来なくなったりします。

Office 2011 for Mac


Office 2016 for Mac で互換性が向上したと言われますが、それほど改善されたとは思えません。フォントの相性の問題もあり強制終了が頻繁に発生するため状態は悪化しています。


Copyright(C) 岐阜パソコン教室 All Rights Reserved.